肥満の雌マウスにNAD+前駆体のNMN投与で短期治療

元論文:Head to Head Comparison of Short-Term Treatment with the NAD+ Precursor Nicotinamide Mononucleotide (NMN) and 6 Weeks of Exercise in Obese Female Mice


肥満は慢性的な代謝性疾患を引き起こす大きな原因として知られています。肥満は現代社会の病ではあるのですが、運動によって部分的にこれを解消することができ、体脂肪を打ち消してダイエットすることによって、体の不健康の大部分が改善することもよく知られています。とにかく運動が大切なのですが、現代の生活ではなかなか運動ができません。これは部分的にNMNの増加によるミトコンドリア活性のアップレギュレーションによって引き起こされるものです。つまり、NMNはダイエットにも効果的だという研究がいくつか存在します。最新の研究では、NAD+の前駆体であるNMNを使用することで、NAD+レベルを引き上げることができると示されています。同時に、NMNが食事にまつわる代謝障害の介入に関して有効であることが可能性として示唆されています。

肥満マウスによる実験では、NMNと運動は効果的

研究では、マウスの高脂肪食(HFD)誘発性肥満の結果を改善する上で、運動とNMNの代謝、とくにミトコンドリア関連の効果を比較しました。60匹の雌の生後5週間たったマウスをC57BL6/Jマウスを5つのグループに割り当てました。6週間の食事のあと、運動グループはトレッドミル運動を週6で6週間行いました。NMNまたはビヒクル(500mg/kg体重)を過去17日間毎日注射して経過をみたのです。すると、運動またはNMNに反応して体重に有意の変化は観察されませんでした。HFDは、筋肉と肝臓の脂肪症、耐糖能、血漿インスリン、NADHレベル、クエン酸シンターゼ活性を大幅に変化させました。HEXグループとHNMNグループは、どちらもHSグループと比較して大幅に改善された耐糖能を示しました。NMNと運動の両方が、HFDによって誘発される肝臓のクエン酸シンターゼ活性の低下を改善しました。しかし、運動は、NMNではなく、筋肉のクエン酸シンターゼ活性を改善しました。全体として、これらのデータは運動とNMN補給が肥満によって誘発される耐糖能異常の同様の逆転を誘発する可能性がある一方で、それらは組織特異的効果と筋肉と肝臓のミトコンドリア機能の異なる変化に関連していることを示唆しています。

ヒトの肥満は世界的な健康問題

肥満は有病率が高まっていく健康問題で、世界的に危機感を持たれています。肥満に悩んでいる人は多く、2014年のレポートによると世界で19億人の成人が太りすぎに悩んでいます。そのうち6億人がなんと肥満レベルに達しており、年齢とともに落ちづらくなる肥満の問題は、大きな健康問題として扱われています。2014年.マッキンゼーが調査したところによると、現在の成長率が続く場合、2030年までに世界人口のほぼ半分が太りすぎもしくは肥満になるという報告をあげています。肥満がよくないのは、深刻な病気を引き起こすからです。


●2型糖尿病

●心血管疾患

●一部のガン

●呼吸器疾患

●脂肪肝疾患

●生殖障害

●うつ病

●その他の精神的健康状態を含む非感染性疾患


のリスクが増加します。さらに母体の肥満に関する最近の研究は、肥満のリスク増加を含む子孫への驚くべき代謝の影響を明らかにしました。肥満の女性に対して、テストすることの重要性を示しています。肥満の蔓延は、エネルギーの不均衡の結果として説明が可能です。エネルギーが豊富な食物繊維量の増加および身体活動の減少は、肥満の増加をもたらします。したがって、食事療法は肥満のためのもっとも一般的にされる治療(介入)となります。さまざまなヒトおよび動物の研究で、運動が肥満において健康上の利益をもたらすことを示唆しています。

ミトコンドリアとNAD+とNMNが運動と同じぐらいの効果をもたらす

そしてミトコンドリアはエネルギー代謝の調節、ATP生成、カルシウム処理などの細胞機能において重要な役割を果たします。ATPの細胞エネルギーは、ベータ酸化、解糖、TCA回路および酸化リン酸の一部としてNAD+とNADHの相互変換によって生成されます。以前の研究では、ミトコンドリア数の減少、ミトコンドリア酵素のレベルの低下、筋肉と肝臓でのATP合成の低下などのミトコンドリア機能障害が、インスリン抵抗性や2型糖尿病などの肥満関連疾患を媒介する主要なメカニズムとして関連しています。肥満関連疾患とたたかうため、そのための選択肢として、ミトコンドリア合成または機能を変化させる介入が提案されてきました。当初はNAD+はエネルギー代謝、寿命調節、DNA修復、アポトーシス、テロメア維持などのさまざまな生物学的プロセスに関与する中心的なシグナル伝達分子および酵素補酵素として認識されています。運動を増やすと、NAD+の増加によって、サーチュイン遺伝子を動かし、代謝の改善を行います。NMNはNAD+の前駆体ですので、NMNを摂取することは肥満の解消に役立つでしょう。