新しいNMNの研究:女性の筋肉インスリン感受性の改善

元論文:New NMN Study: Improved Muscle Insulin Sensitivity in Women


昨今、NMNとして知られる新しい栄養補助食品が注目を集めています。医薬品ではない理由として、コストが挙げられます。研究コストが高くなる医薬品での研究を避けて、サプリメントや栄養補助食品の形で取り込むことができるNMNは、究極の「若返り」成分として注目を集めています。

では、NMNとは何でしょうか。 NMNは細胞の健康とエネルギーにとって、重要な成分です。NAD+の前駆体のことです。雑誌サイエンスに発表された研究では、NMNが太りすぎの女性の筋肉における、インスリンの感受性を改善したことを示しています。この出版物(サイエンス)は、私たちが動物モデルでの実証実験で明らかにされたNMNサプリの効果について、人間で確認し始めたということの証拠です。NMNは、優れた補足NAD+ブースターであり、同時に元々販売されていたアンチエイジング関係の成分と比べて、その主張を大きく超える代謝上の利点が存在します。この研究では、市場に出回っている新しいNMN成分について詳しく解説を行います。

NAD+とNMNの簡単な背景

加齢にしたがって、NAD+レベルはどんどん低下していきます。そこで、DAN修復とミトコンドリアエネルギーにおけるその重要性を考えてみると、NAD+ステータスの改善は、アンチエイジングすなわち若返りに関連している可能性が極めて高くなりました。そのことは必然的に、体全体の健康が改善するといっても過言ではありません。健康上の利点があるNAD+とその前駆体であるNMN。多くの利点が存在します。もっとも健康上のメリットだと考えられる物は、NAD+に関連しています。反対に、低いNAD+レベルに関連すると、多くの悪影響がありました。つまり、NAD+は高ければ高いほどよく、低ければ低いほど、健康にはよろしくないということがわかったのです。NAD+の中間体として、NMNのサプリメントを飲むことは、NAD+の利用を促進し、代謝と健康とアンチエイジングのメリットを達成するためにもっとも有意義です。これが一番の若返りにつながるのです。これまでは、NAD+そのものが経口では効果がなく、口から摂取してもあまり意味を持ちませんでした。治療はコスト高で、実際には細胞に浸透しないという欠点を持っていました。口からサプリとしてNAD+を飲んだとしても、実際には細胞に浸透せず、効果はほぼみられないのが現状でした。しかし、競合する成分であるニコチンアミドリボシド(NR)も、不安定です。NAD+を高めるための最良の選択として、NMNという可能性が残されているのです!

250mgを1日2回投与してみると驚きの結果が

某NMN成分(BioNMNといいます)を使って、高バイオアベイラビリティ成分を取り上げます。1日2回、250mgの投与を行いました。すると、驚くべき結果がでたのです。セントルイスのワシントン大学医学部の研究では、25人の太りすぎ女性のインスリン抵抗性の高い糖尿病直前の女性を集めました。そして、二重盲検プラセボ対照試験に登録したのです。13人の方が治療群に属し、12人の方が、プラセボ群に属します。プラセボとはまったく同じ条件下で、薬と同じ見た目とニオイと飲み心地を持った偽薬を用いて、治療を行うものです。プラセボ群に所属する人にも、通常の治療を行う人にも、当然ながら、プラセボであることは通知されません。

医学大学の興味深い実験

ワシントン大学医学部とワシントゴン大学医学部もまた、このNMNの研究に対して興味深いプレスリリースを発表しています。研究の前後には、研究者は高インスリン血症―正常血糖クランプを使用して、筋肉がブドウ糖をどれだけうまく吸収するかを決定しました。そして、10週間にわたり、治療群に250mgのNMNを1日2回投与したのです。すると、『ブドウ糖処理率が大幅に増加した』という結果となりました。これは注目すべきことです。左側はプラセボグループ。右側がNMN投下グループです。明らかに両方のグループで、投与されたインスリンによって促進がみられます。白い円は治療前を表し、暗い円は治療後を表します。

NMN投与後のブドウ糖処理の改善

図の通り、プラセボではブドウ糖処理率が上昇していません。しかし、右側ではすべての参加者でインスリン注入後のブドウ糖処理が大幅に向上し、増加したNMNグループがあることが明らかです。これは、NMNグループがインスリンの存在下で、ブドウ糖を筋肉にいれるのが上手になったことを意味します。約20%が改善しました。これは重要な結果であり、すべての参加者が改善しましたが、NMNグループに表示されるハイパーレスポンダーは、あきらかに一つなのです。最後になりますが、ワシントン大学のプレスリリースは、「NMNは筋肉の構造とリモデリングに関与する遺伝子の発現も改善した」と述べています。