NMNが出産しづらくなる高齢の女性を救う可能性

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2211124720300838


ヒトの女性を代表とする哺乳類の雌。 つまり生殖の老化は、卵子の細胞の質の低下が関連しています。 そして、それらは不可逆であり、若くなったり戻ったりすることはありません。 これが、出産に関しての老化です。 ここでは、加齢に伴って卵母細胞の質の低下が、NAD+の低下に伴うことを示しています。

NMNが妊娠に大きな影響を与える?!

NAD+代謝前駆体であるNMNによる治療は、老齢動物の卵母細胞の質を活性化します。 つまり出産の回復をもたらすのです。 これらは、NAD+の前駆体であるNMNは、依存症デアシラーゼSIRT2のトランスジェニック過剰発現によって再現できるのです。 しかしこの酵母の削除は、卵母細胞の質を損ないません。 NMNはこうしたメリットがあり、発生中の胚にまで及びます。 NMNのサプリメントは母体の年齢を逆転させるのです。 これらの発見によって、NAD+レベルのが、哺乳類の雌の生殖機能の回復を救う機会を表しています。 つまり、NMNが持つ若返り機能により、生殖機能が回復する可能性があるのです。 哺乳類の雌の出産は、不可逆的に低下していきます。 よってヒトでは母親の年齢が増加するとともに不妊症となり、それらが家族計画にとってとても重要な課題となります。 妊娠を成功させるため、卵母細胞の質が大事であり、これはヒトの生後30年の終わりから著しく低下していきます。 30歳を過ぎると妊娠しづらくなるのはよく知られています。 これらはとてもニーズの高い話にもかかわらず、この臨床的に実行も可能な戦略は存在しません。 よって、減数分裂の成熟、受精、その後の胚発生をサポートする卵母細胞の能力によって定義される老化中の卵母細胞の質を維持または活性化するためのものはないのです。 加齢中に卵母細胞の質を維持し、また回復するための非侵襲的な薬理学的治療は、加齢にともなって妊娠への障壁を緩和しますし、体外受精などの生殖補助医療の需要を促進します。 体外受精は健康上のリスクを伴い、費用がかかるのに、かといって成功率は限られています。

体細胞を若返らせるNMN

体細胞は、前駆幹細胞の自己再生集団による代謝回転によって、継続的に再生されますが、ヒトの子宮内発育中に置かれ、自己再生を受けない有限のプールを形成します。 したがって、卵母細胞は加齢に伴う機能障害に非常に敏感で、加齢に伴う卵母細胞の質の低下の分子基盤は、ゲノムの不安定性、ミトコンドリアの生体エネルギーの低下、活性酸素種の増加、SAC監視システムの機能低下によって減数分裂染色体分離中の障害に関係しています。 加齢に伴って、卵母細胞における染色体の誤分離の分子的原因はまだ不明で、その結果、この問題を修正するための薬理学的戦略はありません。 この欠陥の分子的または代謝的基礎を理解することは、加齢とともに女性の出産を維持、または救済する可能性がある治療法につながっていく可能性があります。

NMNによるマウス妊娠の実験結果

NMNは、エネルギー代謝、DNA修復、およびレドックス補因子や酵素基質です。 この必須補因子のレベルは、体細胞組織の年齢とともに低下し、NAD+代謝前駆体を通じて、この低下を逆転させます。 NMNがもつ働きは、晩年の健康を維持するための治療として注目を集めています。 ここでは、リン酸化NADPHが卵母細胞で年齢とともに低下することを示します。 薬理学的介入に開かれた出産のメディエーターとしてのNAD+の役割と、SIRT2の潜在的な役割を示します。 NAD+の前駆体であるNMNは、が年齢とともに低下し、不妊症や卵母細胞の質の低下に寄与するかどうか、そしてこれがNMNの治療でどうやって逆転するか、調べることとなりました。 これらの質問に対処するために、マウスを使用しました。 ヒトと同様の卵母細胞の欠陥があるため生後約8ヶ月で出産する傾向があるためです。 ここの卵母細胞のレベルをNAD+レベルを測定するという生物分析上の課題のため、NADHとNADPHの自家蛍光を利用するハイパースペクトル顕微鏡イメージング技術を使用しました。 生後12ヶ月の雌を飲料水に入ったNMNで4週間処理。 そして成熟した細胞を回収し、ネイティブで相対的な量を決定。 すると、仮説が一致し、NADレベルは若い動物と比較して老齢動物の卵母細胞で低下し、NMN治療は卵母細胞のNADレベルを増加させることがわかったのです。 次にこの傾向が卵巣全体で発生しているか、を判断しようとしました。 しかし残念ながら、年齢によってNADレベルの低下は観測されませんでした。

最後に

NMNによって妊娠が劇的に変わる可能性があります。 NAD+とNMNには、その可能性を助ける役目が期待されているのです。 NMNの研究はまだ始まったばかりですが、少子高齢化に悩む先進諸国にとって、年齢がいった女性でも出産できるようになれば大きな希望です。 人々の悲願がNMNには託されているのです。