アンチエイジング成分としてのNMN

世界では高齢者人口が増加の一途をたどっています。 そのため、長寿や、加齢に伴う合併症を改善するアンチエイジング製品の需要も高まっているのです。 そんな中で、さまざまな健康に関する成分のうち、NMNが消費者および科学界の注目を集めています。 当記事では、アンチエイジングとしてのNMNの費用対効果について、ご紹介します。

NMNの安全性について研究

体内にあるNAD+は、加齢と共に枯渇していきます。 人間が年を重ねるにつれ、ミトコンドリアのエネルギー生産が下がっていき、酸化、ストレス、DNAの損傷、認知障害、炎症などがそれに関わっているとされています。 NAD+の前駆体であるNMNは、体内のNAD+レベルを引き上げ、このプロセスを遅くするという可能性を持っています。 NMNを補給することで、さまざまな加齢によって誘発される合併症に対し、治療効果があることを示しているのです。 NMNを投与し安全性を調査するために、前臨床試験と臨床試験が実施されました。 いくつかはヒトで臨床試験も実施されています。

ただし、世の中の市場にはNMNを含むアンチエイジングの製品が大量に出回っています。 そこで問われるのが安全性と費用対効果です。 NMNサプリの有効性および安全性を見つけるため、適切に調査をする必要があります。

NMNとはつまり何か

NMNは、αおよびβアノマー型として存在します。 ピリジン塩基を持つ生物活性ヌクレオチドであり、分子量は334.22g/molです。 かなり酸性ではありますが、水溶性の化合物となります。 溶解度は、1.8mg/mlと報告されています。 NMNは主に、核、ミトコンドリア、細胞質にあります。 人体では胎盤組織、血液、尿などの体液に含まれています。 また、大豆のさや、キャベツ、キュウリ、ブロッコリー、トマト、マッシュルーム、アボカドなど、さまざまな果物や野菜、生の牛肉やエビといった自然界に豊富に含まれているのです。 これらの野菜と果物のNMN含有量は、それぞれ0.25~1.88mg/100gと、0.26~1.60mg/100gですが、生の牛肉とエビは、植物性の食品よりも比較的低レベルで含まれています。

NMNは、NAD+生合成の中間体です。

よって、NAD+は、真核生物にとって非常に重要な代謝補酵素であり、多数の酵素反応に不可欠な成分です。 これは細胞死、老化、遺伝子発現、神経炎症、DNA修復など、身体のさまざまな生物学的プロセスにおいて、重要な役割を果たします。 人間の生命および寿命と健康において、NAD+の役割は重要です。 最近の多くの研究で明らかにされているように、NAD+の欠乏はさまざまな病状におけるさまざまな薬理活性に影響を与えるNMN補給によって補えるのです。

NMNのサプリメントが高くなる理由

NMNの精製には、いくつかの方法が使われてきました。 非リン酸緩衝液と、フッ化物中の物質と、ヒト溶血物と赤血球によるNMNを合成し、NAD+を使用したピロリン酸結合の特異的加水分解金属触媒がそれです。 しかし、これらの方法はあまり効率的ではなく、少量しかNMNを精製できないため、NMNのサプリメントが高額になる原因になっています。 現在では、微生物バイオテクノロジーがNMNを作るために使われています。 しかし、もっとさらに高コストではなく純度も高い抽出方法について、革新的な方法が求められています。 NMNを作るために、費用の問題は欠かせません。 費用対効果の高い成分にするためには、細菌と酵母を使い、単純かつ効率的に生物工学的生産や精製方法を使用して、これまで多数の研究が行われてきました。 当初NMNは、細胞エネルギーの供給源および、NAD+生合成の中間体と見なされてきましたが、それだけではなく、アンチエイジングの活性と、健康上の利点が注目されています。 また、薬理学的活性にも注目が集まっています。 そのためNMNは、加齢によって2型糖尿病、肥満、脳、心臓の虚血、心不全、心筋症、アルツハイマー、神経変性障害、角膜損傷、黄斑変性、救急の疾患に対して、治療できるという効果を持ちます。 また、DNA損傷やアルコール性肝疾患などにも、NMNは力を発揮するのです。

NMNのアンチエイジング活性の根底にあるメカニズム

老化とは基本的に自然なことです。 NDA+の枯渇、脳、脂肪組織、皮膚、肝臓、骨格筋、膵臓などのさまざまな臓器のミトコンドリアにおけるエネルギー生産のダウンレギュレーションによって、識別が可能です。 体内のNAD+レベルは、加齢時にNAD+を消費する酵素が増加し、それによってNAD+が減少します。 慢性炎症と酸化ストレスこそが、NAMPTを介したNAD+生合成の低下と阻害の要因です。 特に、加齢に伴ってNAD+含有量が減り、酸化リン酸化のPCG-1α/β非依存性経路のミトコンドリア調節の中断に関係しています。 低酸素症も引き起こします。 ただ、これらはNAD+の中のNMNを増やすことで、まったく反対に覆すことができてしまうのです。