薄毛治療AGAはEDを引き起こすため、NMNでまず薄毛治療

元論文:Therapeutic effects of growth factor cocktail (CellcurinTM) containing FGF5s (fibroblast growth factor 5 short) and NMN (nicotinamide mononucleotide) in patients with androgenetic alopecia: A split study


脱毛症の治療の最前線

近年、マイクロニードルは薬物の浸透を促進することが示唆されています。 近年、マイクロニードルが薬物の浸透を促進し、発毛を促進するメカニズムの一つであることが示唆されています。 育毛を促進するメカニズムの一つであることが示唆されています。 マイクロニードルによる微小な傷は、最小限の表面出血をもたらしマイクロニードルによる微小な傷は、最小限の表面出血をもたらし、創傷治癒のカスケードを引き起こします。

NMNによる改善が見られる現象

繰り返しのマイクロニードル刺激は発毛を誘導し、Wnt3αを増加させます。 マイクロニードルは、薬物送達を強化するために皮膚バリアを貫通するのに十分な深さが必要ですが、皮膚損傷や痛みを最小限に抑えるために十分な短さも必要となります。

従来のAGA治療と異なる方法

AGA治療で使用される薬剤は、様々な副作用を引き起こすことが報告されています。 副作用が報告されています。 フィナステリドは性機能を悪化させ【勃起不全(ED)】、性欲減退、射精不全の一因となりうるのです。

毛周期との関係

FGF9を配合したGFC製剤が毛周期内の成長開始を促進する治療効果を報告しました。 この治療の核となるのは、マイクロニードルによるGFCの経皮吸収です。 GFCをマイクロニードルから経皮吸収させ、毛包から治療効果を発揮させるというものです。 毛包から吸収されることで治療効果を発揮します。 線維芽細胞増殖因子5ショート(FGF5s) は、毛髪の成長期から退行期への移行を抑制し、成長過程を延長させます。

勃起不全(ED)の手前にNMN

ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)はニコチンアミドアデニンジヌクレオチド+(NAD+)の前駆体であるニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NMN)は、細胞のエネルギー代謝に関与しており、その前駆体であるニコチンアミドモノヌクレオチドは、細胞のエネルギー代謝に関与し、発毛を促進する働きがあります。

結論

単にAGA治療するのではなく、先に毛髪をNMNで治療することで、勃起障害・勃起不全を引き起こさずにハゲ治療ができ、関係が見られるかもしれません。