NMNと不妊症女性の遺伝子について

元論文:The mRNA expression of MT-encoded genes of OXPHS in ovarian GCS of infertile women and the effect of NMN on expression of MT-encoded genes in SVOG cells


実験の目的

高齢または卵巣反応不良の不妊女性の卵巣顆粒膜細胞におけるミトコンドリア(mt)コード化遺伝子のmRNA発現を検出し、体外受精(IVF)成績との関連を検討することが目的です。 また、NAD+前駆体であるニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)が卵巣のmtコード遺伝子のmRNA発現に及ぼす影響も検討し、NMNと不妊の関係を解き明かしていきます。

老齢の不妊女性を分類

45人の不妊女性を、老齢群(37歳以上)、PORを有する若年群(37歳未満)、正常卵巣反応(NOR)を有する若年群に分類した。 卵子採取の日に、すべての患者の卵胞液からGCを精製して使用することとしました。

NMNに効果が!

別の実験では、不死化ヒト顆粒膜(SVOG)細胞をニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)またはNMNアデニルトランスフェラーゼ-1(NMNAT-1)小干渉RNA(siRNA)で処理して、OXPHSのmt-エンコード遺伝子の発現に対するNMNの効果を確認しました。

PCRによる検出

リアルタイム定量PCRにより、GCまたはSVOG細胞におけるmtコード化遺伝子CYB、ND1、ATP6、CO1および核(nu)コード化遺伝子ATP5A1、SDHB、UQCRC1、NDUFS8のmRNAの発現を検出した。 各群におけるmRNA発現と、体外受精の成績(採卵数、優良胚の獲得、臨床妊娠、生児出産など)との関係を、Kruskal-Wallis H test、Mann-Whitney、一元配置分散分析を適宜用いて評価しました。

卵子のMTコード遺伝子

POR群および老齢群におけるmtコード遺伝子のmRNA発現はNOR群に比べ有意に低く、また、3個以上の卵子を採取した患者や良質の胚を得た患者ではGCにおけるmtコード遺伝子の発現が高いことが示されたのです。

NMNの可能性

SVOG細胞では、NMNAT-1遺伝子ノックダウン群は、コントロール群およびコントロール+NMN群に比べ、mtコード遺伝子の発現が有意に低下しました。 また、nu-encoded遺伝子のmRNA発現は、GCおよびSVOG細胞において、これらのグループ間で有意な差は見られなかったのです。

最後に

若年 POR および高齢不妊患者では、GC のミトコンドリア機能が損なわれている可能性があります。 ミトコンドリアコード遺伝子の発現が高いということは、卵巣の反応がよく、胚の質が高いことを意味しています。 さらに、NMNのようなNAD+前駆体の補充は、ミトコンドリア機能を回復させ、卵巣細胞の老化を防止する可能性があることが推測されます。 これらのことから、NMNは、老化した卵子や不妊の女性に極めて有望な未来が描けるでしょう