NMNで頭がスッキリ

元論文:NAD+ and NADH in brain functions, brain diseases and brain aging.


NAD+の前駆体、NMN

最近の多くの研究によりNAD+とNADHに関する理解が大幅に進んでいます。

NAD+の可能性

この2つの分子はもはや、多くの脱水素酵素の補酵素として見なせません。 その代わり、NAD+とNADHはカルシウムのホメオスタシス(恒常性の維持)、細胞分裂の活性化など、エネルギー代謝、ミトコンドリア機能など、遺伝子発現、細胞死、加齢など細胞死や老化を含む、ほぼすべての主要な生命現象を調節していると考えられています。

NAD+とNMNの存在価値

NAD+およびNADHとNADHは、ATPとCa2+とともに、生命を制御する最も基本的な4つの因子であると考えられています。 生命を司る4大基本因子です。 NAD+とNADHの脳内での役割に関する研究は十分ではありませんが、多くの研究によってNAD+とNADHの脳内での役割について、新たなパラダイムを示唆する情報が数多く得られています。

脳機能とNAD+

とNADHの脳機能、脳疾患、脳老化におけるこの分野の蓄積された情報を一般化した最近の文献はないのですが、この総説は、この興味深いトピックに関する概要を提供するために書かれたものです。 新しい研究の方向性が示されるかもしれません。

期待が持てるNMN

脳におけるNAD+とNADHの脳内合成ニコチン酸(ナイアシン)やニコチン酸アミド(ナイアシンアミド)などのビタミンB3が不可欠です。 デノボ経路とサルベージ経路の2つの経路が知られています。生合成経路としては、デノボ経路とサルベージ経路の2つが知られています。 de novo経路はNAD+の生成に必要です。

結論

神経活性化合物のレベルを決定するキヌレニン経路の酵素は、アストロサイトとミクログリアに優先的に局在しています。 脳内のアストロサイトやミクログリアに優先的に局在していることが知られています。 そのため脳内では、これらの化合物が重要な生物学的作用を示すことからデノボNAD+合成経路の変化は、脳に大きな影響を与える可能性があります。