NMNと思考力の関係

元論文:NAD+ and NADH in brain functions, brain diseases and brain aging.


NAD+の前駆体、NMN

NAD+とNADHが複数の主要な生物学的プロセスを媒介することが、多くの研究によって示唆されています。

NAD+の可能性

カルシウムのホメオスタシス、エネルギー代謝、ミトコンドリア機能、細胞死、老化などの多くの主要な生命現象に関与していることが示唆されています。 特にNAD+およびNADHは、カルシウムのホメオスタシスの新しい基本的な制御因子として浮上してきた経緯を持ちます。

NAD+とNMNの存在価値

特にNAD+とNADHは、カルシウムのホメオスタシスを制御する新規の基本的な分子であることが明らかになっています。 その結、代謝経路に含まれる成分のほとんどが、カルシウムの恒常性維持に重要な役割を果たすと考えられているのです。

思考力とNAD+

NAD+ とNADHの代謝経路を構成する成分のほとんどは、ポリ(ADP-リボース)、ADPリボース、環状ADP-リボース、O-アセチル-ADP-リボースです。 ニコチンアミド、キヌレニンなどのNAD+とNADHの経路は、重要な生物学的効果をもたらすことができます。 NADPリボース NAD+とNADHの代謝の精妙さは、生命の精妙さを象徴しているのかもしれないと、論文の筆者は語ります。

期待が持てるNMN

このNAD+とNADHの代謝の絶妙さは、生命の絶妙さを象徴するものであり、生命が生み出す本質的な調和を理解するヒントになるかもしれません。 また、この絶妙さはNAD+とNADHの中心的な制御の役割を示唆しており、生命を制御する中心的な役割を担っています。

結論

さらに、NAD+とNADHが重要な役割を果たしていることを示唆する証拠も増えています。