NMNは冷えにどう働く?

元論文:Effect of oral administration of nicotinamide mononucleotide on clinical parameters and nicotinamide metabolite levels in healthy Japanese men


NMNの最前線

近年の研究により、細胞内のニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NAD+)レベルの低下が老化関連障害を引き起こすこと、細胞内のNAD+を増やす治療法がこれらの障害を予防することが動物モデルで明らかにされています。

NMNのヒトへの実験!

ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)の投与は、加齢に伴う機能障害を軽減することが示されています。 しかし、ヒトにおけるNMNの安全性は不明なままでした。そこで我々は、健康な男性10名を対象に、NMNの単回投与の安全性を検討する臨床試験を実施しました。

ヒトへの実験はほぼなかったので行った

100, 250, 500 mgのNMNを単回経口投与し、単群非無作為化介入を行いました。 各介入後5時間の臨床所見とパラメータ、およびNMN代謝物の薬物動態を調査したのです。また、眼科検査と睡眠の質の評価も介入前後で行っています。

変化は見られず・・・

各介入後5時間の臨床所見とパラメータ、およびNMN代謝物の薬物動態を調査しました。 また、眼科検査と睡眠の質の評価も介入前後で行っています。 NMNの単回経口投与では、有意な臨床症状や心拍数、血圧、酸素飽和度、体温の変化は認められなかったのです。 しかし、、、。

改善とNMN

臨床検査の結果は、血清ビリルビン値の増加、血清クレアチニン値、塩化物、血糖値の正常範囲内での減少を除いて、NMNの投与量に依存しない有意な変化を示しませんでした。 眼科検査と睡眠の質スコアの結果には、介入前後で差は認められなかったのです。

結論

血漿中濃度はNMN投与により用量依存的に有意に増加しています。 NMNの単回経口投与は、健康な男性において安全であり効果的に代謝され重大な有害事象を引き起こすことはありませんでした。 このように、NMNの経口投与は可能であることが判明し、ヒトの老化関連障害を緩和する治療戦略の可能性を示唆しています。