NMNは慢性疲労やダイエットに効果?

元論文:NAD+ metabolism as a target for metabolic health: have we found the silver bullet?


慢性疲労の最前線

NAD+は、1900年代初頭に発見されて以来、科学界で何度も流行と廃りを繰り返してきました。 ここ10年の間にNAD+は代謝障害やサーチュイン(SIRT)酵素を介したミトコンドリア機能障害と闘うための潜在的なターゲットとして浮上してきました。 NAD+とはNMNはNAD+の前駆体を意味します。

NMNによる改善が見られる現象

NAD+/SIRT軸の有益な代謝効果は、エネルギー代謝のエンハンサーとしてのNAD+への関心を高めるきっかけとなりました。 その結果、NAD+代謝に焦点を当てた無数の論文が発表されたのですが、その大半はin vitroモデルを用いて行われ、in vivoでの研究は主に線虫とげっ歯類への介入から成っています。

ヒトへの実験はほぼないNMN

一方、ヒトへの介入試験はほとんどないとされます。 このレビューの目的は、ヒトにおけるNAD+代謝への影響に関する最先端の概観を提供し、この刺激的な分野の将来像を示すことです。

治療に

近年、加齢や2型糖尿病で見られるような代謝異常やミトコンドリア機能障害に対抗するため、サーチュイン(SIRT)酵素ファミリーを特異的に標的としたアプローチを特定するために多大な努力がなされています。

改善とNMN

SIRTはNAD+依存性の脱アセチル化酵素であり、細胞の代謝を制御しています。 現在までに、7 種類の哺乳類 SIRT 酵素(SIRT1-7)が同定されており、それぞれ組織や細胞内における発現、酵素活性、標的が特徴的であることが分かっています。

結論

SIRTを標的としたいくつかの戦略が展開され、SIRT活性化の代謝上の利点が実証されています。 マウスでは、SIRT1機能獲得変異は、肝インスリン感受性、肝グルコース耐性および全体的な代謝効率を高めることによって、インスリン抵抗性糖尿病から保護する代謝プロファイルを誘発しました。 さらに、SIRT1活性化因子として提案されています。