NMNでマウスの卵巣機能の低下に兆し

元論文:Long-term treatment of Nicotinamide mononucleotide improved age-related diminished ovary reserve through enhancing the mitophagy level of granulosa cells in mice.


卵巣の最前線

卵巣の老化は、卵巣卵胞の数と質が徐々に低下することによって特徴付けられます。 卵巣の老化は、卵胞の数と質が徐々に低下していくことを特徴とします。他の体の仕組みと比較すると卵巣の老化が促進されるメカニズムは、他の生体システムと比較して、まだ十分に解明されていません。

NMNによる改善が見られる現象

。本研究では、卵巣の老化に対するNMNの長期投与が卵巣の老化に及ぼす影響について検討しました。 その結果、NMN投与により、中年マウスの形態と微細構造を改善し、老化遺伝子P16の発現を減少させたのです。

マウスによる実験

中年マウスの卵巣において、顆粒細胞のマイトファジーを促進することにより、老化遺伝子P16の発現を減少させることが示されました。 これはNMNが卵巣予備能の低下を改善し、中年卵巣の老化を逆転させることができることを初めて報告しています。我々の結果はNMNはミトコンドリア代謝と自食作用の調節により卵胞変性を回復させる可能性があります。

卵巣機能低下の治療に

40歳以上の女性では、月経周期が不規則であり、内分泌の異常が関係していると言われています。 40歳以上の女性では、月経不順は内分泌異常(高FSH/低エストロゲン/低AMH)に関連しています。 月経障害は、更年期女性の主な臨床症状であり、月経周期の不順、月経の遷延など月経の延長や月経の増加または減少など、不規則な月経周期を含む更年期女性の主な臨床症状です。

改善とNMN

NMNを20週間摂取させたところ、NMN群では正常な発情周期の割合が対照群に比べ有意に高くなりました。 正常な発情周期の割合は、対照群に比べ有意に高かったのです。FSHとエストロゲンは、卵巣予備能の重要な指標とみなされており、視床下部と下垂体に作用することができます。 視床下部と下垂体に作用し、卵巣の卵胞形成と卵生を制御できます。 卵巣の老化のプロセスは、エストロゲンの顕著な減少を伴います。 我々の結果は、NMNがエストロゲンレベルを著しく増加させと FSH レベルを減少させることを実証しました。

結論

女性は出生時に約120万個の始原卵胞を持っています。生殖期には、原始卵胞の数は減少し続け、閉経の臨界点まで到達します。閉経を迎えるまで減少し続け、約1,000個の卵胞が残るのみとなります。