NMNと髪の毛

元論文:Therapeutic effects of growth factor cocktail (CellcurinTM) containing FGF5s (fibroblast growth factor 5 short) and NMN (nicotinamide mononucleotide) in patients with androgenetic alopecia: A split study


脱毛症は男女ともに見られる現象

男性型脱毛症(AGA)は、頭皮の病気で、男性にも女性にもよく見られる脱毛症です。 男性・女性ともによく見られる脱毛症です。 フィナステリドやデュタステリドの経口投与、ミノキシジルの外用投与などが ミノキシジルの外用が一般的な治療法として用いられています

NMNによる改善が見られる現象

さらに、頭皮皮膚自家移植や毛包自家移植などの外科的な方法も実施されています。 自家移植などの外科的方法が実施されてきました。 最近いくつかの研究近年、毛髪の成長・分化に寄与する様々なサイトカインに関する研究が進み、従来の脱毛症治療とは異なる生化学的な治療法が模索されています。

従来のAGA治療と異なる方法

毛髪の成長・分化に寄与する様々なサイトカインに関する研究が行われ、従来の脱毛症治療とは異なる生化学的な治療法が確立されつつあります。 そこで数種類の成長因子やサイトカインを含むGFC(Growth Factor Cocktail)が現在、複数の成長因子とサイトカインを含むGFC(Growth Factor cocktail)が導入されています。 GFCの有効性に関する研究に加えの有効性に関する研究に加え、FGF9を配合したGFC製剤の治療効果について報告します。

毛周期との関係

FGF9を配合したGFC製剤が毛周期内の成長開始を促進する治療効果を報告しました。 この治療の核となるのは、マイクロニードルによるGFCの経皮吸収です。 GFCをマイクロニードルから経皮吸収させ、毛包から治療効果を発揮させるというものです。 毛包から吸収されることで治療効果を発揮します。 線維芽細胞増殖因子5ショート(FGF5s) は、毛髪の成長期から退行期への移行を抑制し、成長過程を延長させます。

NMNの役割

ニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)はニコチンアミドアデニンジヌクレオチド+(NAD+)の前駆体であるニコチンアミドアデニンジヌクレオチド(NMN)は、細胞のエネルギー代謝に関与しており、その前駆体であるニコチンアミドモノヌクレオチドは、細胞のエネルギー代謝に関与し、発毛を促進する働きがあります。

実験の方法

本研究では、FGF5sとNMNを用いたGFCを0.8mm深さまで照射し、その効果を検討しました。 マイクロニードルを用いて0.8 mmの深さまで行ったものです。 NMNとの関係が見られるかもしれません